【リスク対策】情報システム導入支援『マイルストーン』中小企業向け

 システム導入の不安 ⇒【導入過程を見える化】リスクが浮かび上がり、リスク回避/低減が期待できます

マイルストーンは【リスク監視】【ベンダ対応】を重視し、見える化を推進します

不透明なITシステム導入を見える化!

貴社の道標(みちしるべ)
:システム完成までの一連の道筋を支援
【リスク管理】/【ベンダ対応】
:見えにくい箇所を可視化
  

【ご挨拶】:情報システム導入をご検討中の経営者様/ご担当者様

多くの中小企業では情報システムを導入する頻度は多くないと思います。
システム導入が必要な場合には暫定的にシステム導入チーム立ち上げる為、
メンバーの方は本業との兼務になるでしょう。


情報システムの導入には勘所も必要になる為、不慣れな体制はリスクを伴います。
実行責任者にとっては、重い責務ではないでしょうか

マイルストーンは実行責任者の戸惑いとプレッシャー/負荷を軽減する為に
貴社の案内人
としてご支援致します。



例として上記のような漠然とした貴社の悩みあると思います。

マイルストーンは実行責任者の戸惑いと負荷を軽減する為に、見える化します。
不測の事態が予見される時はアラートを出します。
リスクを軽減し、ベンダーと意思疎通
する助言をします。


<提言>
マイルストーンは<見る>という視点を強く提言しています。

見るとは
・目的とゴールを明確に見る前提/定義:テーマ設定)
・現状を見る(把握:時間、人の負荷、情報共有、課題、予算、計画との差異、・・・)
・先の事象を見る(予見/予兆監視:リスク要件にアンテナを立てる)

上記の各種の<見る>の実行によって、リスク低減に大きな効果があります。
これがいわゆる勘所が必要な部分なので、多くの企業は不安になるでしょう。

⇒ マイルストーンはシステム導入の案内人です。

<目的はブレていないか?/システム化の全体像を意識しているか?
システム像の基準がブレると、完成したシステムも意図した結果にならない
<ベンダーの行動が見えているか?>
 ※ベンダー見積もりの妥当性は把握したか?
ITシステムの構築作業はベンダーが実施し、ユーザが妥当性を判断する。
任せっきりは厳禁!
 ⇒ システム構築の過程を可視化する工夫をしましょう!

      
☆☆☆見えないと [ 対策 ] ができません』☆☆☆

マイルストーンの視点

<提案の主旨>:留意するポイントをご案内
「目的と手段」 ⇒ この意識が曖昧であるとズレていることが見えません。

目的:事業活動への貢献
 = 
販路拡大、業務効率向上、人的負荷軽減、運営コスト低減・・・ 

   或いは、既存システムのバージョンアップやシステム統廃合等の経営環境改善

手段:情報システムは道具(ツール)」
 情報システムは事業貢献を支援する為の道具です。
  その [道具=情報システム] は高価な設備投資
  ⇒ 導入成否は企業経営/事業活動に大きく影響します。

一度、イメージしてみて下さい
 ・意図せぬトラブルで損害を負った時
 ・目的を達せられない時
 ・予算オーバーとなった時  ... ⇒ 損害が確定してしまいます
                     (リカバリが困難)

・期待した機能/効果が得られなかった
 : (機能不全、未完成)
・導入費用が想定以上に膨らんだ(追加開発費増大、不具合対策費用など) : (予算超過)
・システム導入に失敗し大きな損害を被った  ・・・等 : (計画/企画の破綻、業務効率悪化
 



システム導入過程の懸念 :
(先行きのリスクが見えない恐れ)
 ・ベンダー見積もりの妥当性が掴めない
 ・現在の作業工程が計画通りであるか見えない

 ・
計画/期待したシステムをITベンダーが期待通りに構築しているのか掴めない
 ・実現したい機能が増えた時、効果と費用/期間の判断ができない。
  (ベンダー提案に対する判断が困難)
  

システム導入の不安に対しては、以下の3点を重視します》
 ・『リスク管理』[見えないから]リスクの想定と対処(リスクの見える化) 
 ・『情報連携』 :関係者の情報連携/共通認識の醸成(誤認の回避)
 ・『
ベンダ統制
:ベンダ活動の把握 (作業状況/理解度の把握)


マイルストーンは貴社の不安要素を可視化、システム稼働までご案内します
 ①事前の準備
 ②進行状況のモニタリング/アラート(アンテナ)
 ③不測の事態発生時は次善策の指針助言
貴社実行責任者に対して、助言/相談窓口となり、共にゴールを目指します
.